もったいない運動ってなに?

そもそも「もったいない」ってなに?

 「もったいない」とは,「そのものの価値が生かされず,惜しいさま」を表す言葉です。「ものの本来の価値が十分に生かされていない」場合などに使用される日本特有の言葉で,ひとやものを大切にするこころを意味し,ありがたい気持ちを表現することもあります。


世界的な言葉に

 環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイさんが,国連本部での演説で,環境問題解決のキーワードとして日本の「もったいない(MOTTAINAI)」の精神を提唱したことから,世界的に注目されるようになりました。

 

なぜ、もったいない運動に取組んでいるの?

 私たち人間は近年,より便利で快適な生活を追い求めて,「大量生産・大量消費・大量廃棄」の生活や経済活動を続けたため,食べ物や自然,化石燃料などの資源の枯渇や廃棄物の増大,地球温暖化などの問題が起きています。また,過度の利便性の追求や資本主義の発達,個人主義の尊重などが世界のいろいろな場面で,戦争や紛争,いじめ,心の問題などを引き起こしています。恵まれた地球資源や思いやりのある人間関係は本当に貴重なもの。それらを私たちは,健全な状態で次の世代の人たちに引き継ぐ責任があるのです。

変えていくこと

ジブンゴト

 もったいないと思うことって、ジブンが変わること。

ヒトゴト

 自分が変われば、周りのヒトが変わる。

マチゴト

 周りのヒトが変われば、マチが変わる。


うつのみやから変えよう。「もったいない」を合言葉に。



私たちは,「もったいないの約束」をしました。

私たち,「宇都宮市もったいない運動市民会議」は「もったいないの約束」をしました。

1.私たちは、互いに尊敬し、思いやりをもってふれあいます。

 私たちは,多くのひととのつながりの中で,互いに支え合い,助け合いながら生活しています。様々な場面で,「ひとへの思いやり」を大切にして行動することを約束するものです。

  •  他のひとに手をさしのべ,お互いに助け合う。
  • 相手の気持ちになって考え,行動する。
  • おもてなしのころでお客様をお迎えする。

2. 私たちは,すべてのものに感謝して,その価値を十分にいかします。

 地球上にあるすべてのものは,自然の恵みや人々のこれまでの努力があって存在しています。つい忘れてしまいがちな これらのことに感謝の気持ちをもち,すべてのものを大切にすることを約束するものです。

  • ものが作られるまでの時間やひとの労力に感謝し,ものを最後まで使い切る。
  • 地球上の限られた資源を有効活用するため,リサイルに取り組む。

3.私たちは,宇都宮の素晴らしさをみがき,未来に誇れるまちをつくります。

 私たちが住んでいる宇都宮の豊かな自然や歴史・伝統・文化を次世代に継承しないのはもったいないことです。このような宇都宮の素晴らしさを知り,みがき,未来につないでいくことを約束するものです。 

  • わがまちの伝統や文化をみがき,大切にする。
  • わがまちの歴史を子どもに伝える。
  • わがまちの新たな文化を創造する。

 宇都宮市もったいない運動市民会議

 事務局
 〒320-8540
 栃木県宇都宮市旭1-1-5
 宇都宮市役所12階 環境政策課内
 TEL  028-632-2409
 FAX  028-632-3316

 

E-mail

 mottainai@city.utsunomiya.tochigi.jp

 

 メールフォームでの問い合わせはこちら