みなさんの「もったいない」の取組を紹介します!

岡川 秀則 様 「通勤経路の清掃活動」


 毎日朝晩,通勤経路の清掃をしています。宇都宮市のために自分ができる事として,始めました。清掃する道と清掃後の道では,振り返ると景色が違うように感じます。毎日続けることにより,まちがきれいになりつつあります。ごみを捨てる人が,少しでも減ることを願っています。ごみを拾い続けて,宇都宮市をきれいな町にしていきたいです。

吉岡 和昭 様 「講座の講師活動」

 

 0歳を境にひととのつながりを大切にしたい,町のために貢献したいと思い立ち,講座の講師を引き受けました。現在,雀宮地区市民センターで,約70名のメンバーに月2回「健康マージャン」を教えています。

 独協医科大学では医学生向けに「問診の大切さ」の講師をしています。地元の人も通う学校のため,誰かのために役にたてるのであればという思いで続けています。

 自治会内では,みまもり隊として高齢者の方への声かけをしています。

これからの人生,自分のためだけに時間を使うのは「もったいない」。


さつき・まちづくり企画委員会 様 「さつきふれあい市場」開催

 

 さつき・まちづくり企画委員会では,月1回会議を開催し,地域住民のつながりを大切にするため,事業を提案し広める活動を行っています。

「さつきふれあい市場」開催のきっかけは,雀宮の地域の特色を活かして,何か出来ることはないかと考えたことです。そこで雀宮地域にはおいしいお米,野菜を栽培する農家があることに注目しました。地元で採れる農作物をもっと知ってもらいたい,食べてもらいたいという思いを実現するための手段は何かと考えた時に,市場の開催を思いつきました。市場の開催を近隣農家に提案し,現在毎月第4土曜日,中央公園で開催している「さつきふれあい市場」の開催につなげました。

また一方では地域内の高齢化も進み,お米を購入し運搬することが難しいと話を聞きつけました。そこで市場に出店する農家と年間契約することで,購入直前まで農家の保冷庫でお米を保管してもらい,購入者宅まで配達する仕組みを提案し実現につなげました。農家や高齢の方に大変喜ばれています。

 他にも梅干し作り・梅の枝の剪定方法の講習会も行っています。梅を干していると,散歩中の方からの漬け方の質問を受け,講習会開催へとつながりました。漬け方のチラシはさつきふれあい市場でも配布しています。

鶴田川をきれいにする会  様の 「鶴田川の清掃活動」


桜地区西部を貫流する鶴田川の保全のため,昭和40年代より河川愛護会として活動し,長年に渡って鶴田川の除草・清掃(毎年5~6回)を継続的に実施するなど,鶴田川を貴重な地域資源として市民に親しまれるよう様々な取組を実施しています。

昨年度(平成26年度)は遊歩道が整備されたことから立木の伐採を行い,今年度は花木のプランターを設置(予定)するなど,市との協働に基づく環境美化に取り組んでいます。

 また,活動の広がりを目指し,近隣の教育施設(陽西中学校,作新学院高等部,文星女子高校)のボランティア活動としての参加体験の場を提供するなど,より多くの主体との連携を図ることで,鶴田川を身近で親しみのある河川となるよう仕掛けています。

栃木いすゞ自動車 本社 様 「清掃活動」

 

毎朝の清掃活動は,栃木いすゞ自動車全体(県内8ヶ所の事業所)で行っています。

最初は会社近辺のみの清掃でしたが,現在は20~30分かけて交差点付近まで清掃しています。汚れているところには,ごみが集まりやすくなりますし,きれいにしておくとごみを捨てる人もいなくなりますね。街がきれいになったと感じます。

  栃木いすゞ自動車HP→http://www.tochigi-isuzu.co.jp/

有限会社 T・O・P・S 様 「エコな活動・地域貢献活動」

 

 官公庁、企業、学校等のスクールバス・送迎バス等の運行業務を請負い、整備・修理・燃料・備品・消耗品の管理や万一の場合の事故処理を専門的に請負うことにより、大幅な人件費の削減を目指した事業を実施(カー・マネージメント・システム)しています。

 社員がもったいない運動賛同者登録済みです。社内では「もったいないりぶっく」回収箱の設置やグリーンカーテンの設置、都市緑化基金への寄付等行っています。

社員全員が日々、「もったいない」の精神で仕事に取り組んでいるため、エコな活動が身に付いており、自宅でも自然とエコな活動につながります。その行動が、家族にも波及し家庭エコにもつながっています。

社会貢献活動として、契約業者様である幼稚園のイベント等に積極的に参加しています。「もちつき大会」では、若い保護者の方が経験したことがない、米の蒸かしや、杵でのつきかた、お餅のこねとりなど指導・協力しています。

T・O・P・S HP→ http://www.tops-a.co.jp/

栃木県立宇都宮工業高等学校 環境設備科 様

街中で再生可能エネルギーの普及

 

 宇都宮工業高校・環境設備科の生徒約10名は、廃棄自転車の前輪を活用したマイクロ水力発電を設計・製作し、毎年約1か月間、街中の釜川に設置し川面をLEDで照らし、市民を楽しませている。これは、「もったいないの心」を伝えるために、不要になった自転車を活用しながら、再生可能エネルギーは身近にあることを知ってもらおうとの意図がある。

設置回数 3回(毎年12月中旬から約1か月間)平成24年 ②平成25年 ③平成26

効果 地元商店街の協力を得て、実現しているもので、多くの市民に周知されている。毎回、新聞・ラジオ・テレ    ビで報道され、注目されるとともに、U-tubeにもアップされ、身近なエネルギーを感じてもらう効果がでて    いる。

廃棄された自転車の前輪12輪が勢いよく回って発電↓


 

 

 

ミヤラン実行委員会 様 「エコカップ」

 

 城址公園をスタート,ゴールと設定し。宮環を一周するランニングイベント「ミヤラン」を開催しております。ランナーが水分を取るための給水所で,通常であれば紙コップを使用しますが,我々は実行委員会で企画し「エコカップ」を配布することで紙コップの使用削減に取組みました。

 他の大会と違って,我々のイベントは競わないことが大きな特徴ということもあり,同時にスイーツも提供させていただきます。よって通常よりも多くの方々がしっかりと給水をしていただけます。約半数の方には,エコカップを利用してもらいたいという目標を揚げ,事前に配布したパンフレットにおいて参加者への啓蒙,さらのは当日のエコカップ配布によって,利用率を高めていただこうと取り組みました。参加者の安全確保の観点から,今回より1箇所の給水所を増設したものの,多くの参加者から賛同いただき,昨年と比較しても▲8,500個(▲77.3%)の削減となりました。

 また紙コップの削減効果と同時にエコなイベントであることの注意喚起によって,ゴミも昨年の138キロから82キロへ56キロの削減することに成功しました。

 これまで通り,訪れてきたランナーの方々に,様々な団体とも連携を図りながら,宇都宮の街の魅力発信に努めております。もったいない手ぬぐいを作製する「中川染工場」様の手ぬぐいも作成し,参加賞として配布させていただき,パンフレット内でもお知らせさせていただきました。

 今回のエコカップは,全国に多数あるマラソン大会のさきがけとなり,多くの大会でこの「うつのみや発エコカップ」を利用していただけることを願っています。 

 みやラン2015→ http://www.miyarun.com/

塚山古墳群愛護会 様 「ボランティア活動」

 

 塚山古墳群は,栃木県総合運動公園の南側の西川田7丁目・西川田東町に位置する5世紀後半から6世紀初頭にかけてこの地域を支配した一族の墓と考えられている。

 こうした史跡を地区の貴重な文化財として,広く市民に周知するとともにその保存活動を行うことを目的として平成7年に結成された組織が塚山古墳群愛護会である。

 主な活動は,塚山西古墳と塚山南古墳の下草刈りや,清掃及び古墳の説明板の管理である。毎年6月には地元若松原中学校の生徒もボランティアで活動に参加している

 今年で愛護会の活動がちょうど20年となるが,これまでの環境整備のおかげで,古墳の見学者が増加しただけでなく,地元の人々の憩いの場として利用されるようになってきている。

東京ガス株式会社 宇都宮支社 様 「エコ・クッキング」

 

 未来を担う子どもたちにエネルギーと環境の大切さを伝えていきたいという思いから,学校教育の支援活動に力を入れています。出張授業のメニューの中で一番の人気は「エコ・クッキング」です。はじめに授業形式で「買い物」「料理」「片付け」それぞれの過程でできるエコについて学習をしてから実際の調理がスタートします。

 学習したことを活かして調理をする食材調理で使用するガス洗い物をする際の水など可能な限りムダをなくしエコに配慮した方法で子供たちと一緒に楽しく調理をしています。この授業を通し資源は有効であることだからこそ大切に扱わなくてはならないということを学び家庭でお手伝いをする時や大人になって自分で料理をする際に実践してもらえればと思います。

 メニューとしては、身近な食材で簡単に作れる、野菜たっぷりの「カラフル野菜スープ」が子どもたちに好評です。

 治事業では、地元で取れた旬の食材を地元で消費する「地産地消」も「郵送費がかからずエコ」であることも教えています。

  東京ガスHP→ http://home.tokyo-gas.co.jp/shoku/ecocooking/index.html

 宇都宮市もったいない運動市民会議

 事務局
 〒320-8540
 栃木県宇都宮市旭1-1-5
 宇都宮市役所12階 環境政策課内
 TEL  028-632-2409
 FAX  028-632-3316

 

E-mail

 mottainai@city.utsunomiya.tochigi.jp

 

 メールフォームでの問い合わせはこちら