7月6日(木)、宇都宮共和大学にてシンポジウムが開催されました。

 7月6日(木)、宇都宮共和大学宇都宮シティキャンパスにて、「”超”魅力的な都市をめざして ~まちのにぎわい・活力・うるおい・文化の創出に向けて~」をテーマとして、シンポジウムが開催されました。初めに、明治学院大学教授服部圭郎氏による「魅力的な都市空間とは」と題した基調講演があり、次に、「”超”魅力的な都市をめざして」をテーマに、パネルディスカッションが行われました。国内・国外の事例が紹介されたり、”超”魅力的な都市について議論が繰り広げられました。やはり人が大事であり、自ら楽しんで活動しないと「もったいない」と再認識しました。会場では、「もったいない運動」のぼり旗の掲示やチラシ、ステッカー等の配布に協力いただきました。ありがとうございます。

 

 【宇都宮共和大学シティライフ学部シンポジウム】

(1)基調講演 

  「魅力的な都市空間とは」 

  明治学院大学経済学部教授    服部 圭郎 氏

(2)パネルディスカッション 

  「”超”魅力的な都市をめざして」

  パネリスト  

      明治学院大学経済学部教授      服部 圭郎 氏

  宇都宮市総合政策学部地域政策室主幹 阿部 弥生 氏

  都市デザインワークス(仙台市)代表理事 榊原 進 氏

  宇都宮まちづくり推進機構 魅力ある都心創造部会長                       安藤 英夫 氏

 司会

     宇都宮共和大学シティライフ学部長・教授 山島 哲夫 氏

 宇都宮市もったいない運動市民会議

 事務局
 〒320-8540
 栃木県宇都宮市旭1-1-5
 宇都宮市役所12階 環境政策課内
 TEL  028-632-2409
 FAX  028-632-3316

 

E-mail

 mottainai@city.utsunomiya.tochigi.jp

 

 メールフォームでの問い合わせはこちら