宇都宮市SDGs人づくりプラットフォーム

◇ 「SDGs(エス・ディ・ジーズ)」とは

 

 SDGsは、「Sustainable Development Goals」の略で、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの長期的な開発の指針「持続可能な開発のための2030アジェンダ」における「持続可能な開発目標」であり、国際社会共通の目標です。

 持続可能な世界を実現するための17の目標と169のターゲットから構成されており、地球上の誰一人として取り残さない」社会の実現に向けて、経済、社会、環境をめぐる広範な課題に対する総合的な取組が示されています。

 

 

SDGsについてもっと知りたい方は、宇都宮市SDGs人づくりプラットフォームによる「SDGs出前講座」がおすすめです!

 

▶ SDGs出前講座

宇都宮市SDGs人づくりプラットフォームについて

 宇都宮市SDGs人づくりプラットフォームは,SDGsの取組を積極的に行っている市域の企業やNPO,教育機関など多様な主体が連携・協力しながら,勉強会等の開催やイベント等における普及啓発などを実施し,市民や事業者のSDGsの理解促進や認知度向上を図るための仕組みです。

 

 宇都宮市SDGs人づくりプラットフォームは、SDGsを身近に自分事として捉えられるよう、本市独自の取組であり、市民運動として広く普及している「もったいない運動」を通して培ったネットワークやノウハウ等を活用し、SDGsの普及啓発活動を展開していきます。

 

 宇都宮市SDGs人づくりプラットフォームの運営体制は,「宇都宮市もったいない運動市民会議」と「宇都宮市」が連携して運営を行う『運営本部』と,運営本部や他会員と連携しながら普及啓発に取り組む『プラットフォーム会員』で構成されます。

 

宇都宮市SDGs人づくりプラットフォーム会員について

 

 宇都宮市SDGs人づくりプラットフォームでは、「SDGs未来都市」の実現に向けて、各会員の強みを活かしながら、市域内の市民・事業者に対して様々な普及啓発に取り組み、SDGsの理解促進や認知度向上を図ってまいります。

 

 なお、会員については引き続き募集しております(募集の詳細はページ下部をご覧ください)。

 

会員一覧はこちら

 

宇都宮市SDGs人づくりプラットフォーム会員募集中!

 市民・事業者に対するSDGsの認知度向上のため,プラットフォーム運営本部と連携し,勉強会の実施やイベントなどにおける普及啓発などに継続して取り組んでいただける企業・団体等を募集します。

プラットフォームからのお知らせ